CDP:Server Swappingパターン

From AWS-CloudDesignPattern
Jump to: navigation, search

サーバの移行

Contents

解決したい課題

物理サーバを運用していると、当然サーバが故障し、その復旧に追われることもある。故障の原因は多種多様で、ディスクは問題ない場合も少なくはない。 そのような場合、問題のないディスクを別のサーバに移し替えることによりシステムの復旧を試みるが、データセンターでの作業や代替サーバの手配、ディスクの差し替えなどで非常に時間がかかってしまう。

クラウドでの解決/パターンの説明

クラウドの場合はサーバは仮想サーバとなり、付け替え可能な仮想ディスクを利用できる。

仮想サーバに障害が起こった場合は、別の仮想サーバに障害中の仮想サーバのディスクを付け替えて障害復旧を行うことができる。物理サーバの場合と比べて調達や移動の時間も無いので、非常に短時間で復旧することが可能となる。

実装

仮想ディスクであるEBSは、EC2間の付け替えが可能となっている。このため、障害発生時には代替となるEC2を起動し、EBSの付け替えを行う。

  • EC2にデータ用EBSをアタッチし、通常はデータ用EBSにデータを保存するようにする。
  • EC2の障害時に同一のAMIからEC2を立ち上げなおし、障害が発生したEC2のデータ用EBSを新規のEC2に付け替える。
  • ミドルウェアの調整などで、障害直前の状態まで復旧を行う。

なお、これらの処理はNagios/Zabbix/Heartbeatなどの監視ソフトウェアが付け替えを行うことで、自動化することも可能。

構造

6wNg0ISJczU5Pz1m-4570E.png

利点

  • EC2の障害直前の状態でリカバリーすることが可能。
  • ルートディスクの交換することでシステム(OS)の復旧も短時間で可能。

注意点

  • EBSの障害も考慮し、スナップショットなどのバックアップも行う必要がある。
  • Floating IPパターンと併用することで、EBSも付け替えるとともに、固定IPアドレスを付け替えることも可能である。


寄贈したアーキテクト

Ninja of Three

Personal tools
Namespaces
Variants
Actions
Navigation
Toolbox