CDP:Web Storageパターン

From AWS-CloudDesignPattern
Jump to: navigation, search
Architect

可用性の高いインターネットストレージ活用

Contents

解決したい課題

クラウドを利用することでサーバやディスクの増減が容易に行えるようになり、大量のデータを保持したり、システムに対する負荷(特にWebシステムにおけるアクセス負荷)が高くなっても、即時にスケールアップ/アウトすることで対応することができる。 しかし動画や高画質の画像、Zipファイルなどの容量の大きいファイルをWebサーバから配信する場合、低いスペックの単一マシンであればネットワーク負荷が問題となったり、またスケールアウト構成の場合も、大容量のファイルを複数サーバに配置する必要があるケースがあり、特にコスト面が問題となる。

クラウドでの解決/パターンの説明

大容量のファイルをインターネットストレージへ配置し、そこから直接ファイルを配信することで、Webサーバのネットワーク負荷とディスク容量の問題を解決する。 インターネットストレージに保存したオブジェクトを公開設定にすることで、ユーザーに直接アクセスさせることができる。 一旦インターネットストレージに配置すれば、ネットワーク負荷はS3側にオフロードでき、また仮想サーバ間でデータをコピーし合う必要もなくなる。

実装

  • Amazon S3上にバケットを作成して、公開する静的なコンテンツ(画像/動画/圧縮ファイル...)をアップロードする。
  • そのコンテンツに対して、ユーザーがアクセス出来るよう公開設定を行う。
  • 発行されたURLをユーザーに提供、もしくはWebページからのリンクを行う。

構造

6wNg0ISJczU5Pz1m-CB1E8.png

利点

  • AWSにマネジメントされたAmazon S3を使えるため、ネットワーク負荷やデータ容量を気にする必要がなくなる
  • S3自体が高い耐久性を持っており、3か所以上の複数データセンターでバックアップを行っているため、手動でのバックアップが特段必要なくなる。

注意点

S3で配信するコンテンツには独自のDNS名をつける必要があるため、メインサイトDNS名をそのまま使うことはできない。たとえばメインサイトがwww.my-site.orgであれば、S3上のコンテンツはdata.my-site.orgなど異なるDNS名とする必要がある。このため、既に作成済みのHTMLファイルのリンク先を変更する必要がある可能性がある。 ただしこの場合、URL_Rewritingパターンを使用して、Webサーバのモジュールで一括書き換えを行う事で対応できる場合もある。

Personal tools
Namespaces
Variants
Actions
Navigation
Toolbox