CDP:Storage Indexパターン

From AWS-CloudDesignPattern
Revision as of 14:56, 15 April 2012 by KenTamagawa (Talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

インターネットストレージの効率化

Contents

解決したい課題

耐久性が高く、可用性の高いインターネットストレージはデータが分散配置されており、またインターネット経由でアクセスするため、頻繁なアクセスや検索など操作はパフォーマンスが悪い。また高度な検索機能は用意されていない場合があり、特定ユーザーがもつデータ一覧を取得したり、特定の日付範囲の値を取るなどの操作を行い場合は、アプリケーション側で工夫が必要になる。

クラウドでの解決/パターンの説明

インターネットストレージへデータを格納する際に、同時に検索性能の高いKVSへメタ情報を格納し、その情報をインデックスとして利用する。

検索時はKVSを用い、得られた結果をもとにインターネットストレージへアクセスする。

実装

  • Amazon S3へデータを格納する。格納後、S3のパスやデータサイズ、格納時間などをAmazon SimpleDBもしくはAmazon DynamoDBに格納する
  • 検索や集計を行う際に、SimpleDB/DynamoDBを利用して処理を行う
  • 結果をもとに、S3からデータを取得する

構造

6wNg0ISJczU5Pz1m-5EF7D.png

利点

  • 堅牢で大容量なストレージ機能と、高い検索性の両方を利用出来る

注意

  • S3内のデータと、KVSのインデックス情報にミスマッチが発生すると、正しい検索結果が得られないため、かならずデータ操作とインデックス登録を同時に行うアプリケーションを通して、データを操作する必要がある

寄贈したアーキテクト

Personal tools
Namespaces
Variants
Actions
Navigation
Toolbox